課題解決のための事例集

携帯型交通量計測装置を用いた交通量観測

課題/問題点

陸橋などの人手観測困難箇所での安全かつ精度ある観測の実施

富士技研センターでの解決方法/対応・実施策

交通量観測状況
交通量観測状況

従来、国道などの広幅員道路における交通量観測は、車線毎の観測に要する観測員を路上に多数配置する必要があり、道路利用者への安全性や集計の精度確保が課題であった。

携帯型交通量計測装置を用いたことにより、路上占有が減り道路利用者への影響を格段に縮小した。また、車種車線別の交通量を精度よく観測することが可能となった。

担当者コメント

従来の人手観測より高い精度の情報を安全に収集すると共に、車両単位の速度についても並行して分析し、時間的な自動車の動向をより分り易く提供することが可能となった

カテゴリから探す

用途/手法から探す

効果/目的から探す